認定講師一覧

  1. HOME
  2. 認定講師一覧
  3. 美腸アドバイザー®
  4. 田中 乃梨子(たなか のりこ)
自己紹介

田中 乃梨子(たなか のりこ)

日本美腸協会認定講師、美腸アドバイザー
正看護師

現在、大阪府和泉市にて糖尿病専門と一般内科のクリニックで看護師として働きながら、日本美腸協会認定講師として“身体も心も健康・綺麗・元気”になれる腸の大切さを伝えるセミナーを開催しています。


大阪府出身
看護専門学校を卒業後、内科、小児科一般、透析など病院、クリニック、訪問看護で15年以上勤務。
老若男女を問わず多くの便秘患者を見てきました。
慢性便秘になればなるほど便秘を病気ととらえていない方が多く、「薬や浣腸で出れば問題ない」という状況に陥っていることに違和感をもっていました。
その経験から、腸の不調が身体や心の不調と繋がっていることを知りました。

幼少期は、アトピー性皮膚炎で薬が手放せない毎日でした。夏は浸出液と汗で痛みと痒みの連鎖、冬は子供の手なのにあかぎれで出血し、ノートを汚したことも多々ありました。

大人になるにつれて、症状は落ち着いてきましたが季節の変わり目や体調不良、寝不足の時にぶり返す症状に薬を塗るという対処療法を繰り返していました。 20代妊娠中に強度の便秘になり、二人目の帝王切開後は更に便秘がひどくなり下剤も効かず気持ち悪くて嘔吐した日もありました。

ストレスが重なると便秘と下痢を繰り返す傾向があるなか、コロナ禍になり子育てや外出自粛など精神的にも落ち込んでいる時に日本美腸協会と出会い、自分が出来る腸ケアを少しずつ取り組んでいくうちに、便秘は改善され、気持ちが落ち込んでいたことが嘘みたいに、毎朝目が覚めて今日は何をしよう!ってウキウキワクワクした気持ちや、こんな事がしてみたい、こんなものが食べてみたいという気持ちが湧いてきました。そして何よりイライラすることが減り子供達に怒る事が少なくなり、自然と笑顔で楽しく過ごす事が出来るようになりました。

小さい頃からのアトピー性皮膚炎の症状もほとんど出なくなり、薬を使う回数も1ヵ月に1回あるかないかくらいになりました。
体重も半年でマイナス5キロ。万年ダイエッターであらゆるダイエット法を経験したなかで最も自然に痩せることが出来ました。

体質だからと諦めていた自分の経験をとおして、同じような境遇で悩んでいる方に腸の大切さを伝えたいと思うようになりました。
腸を整えて、身体も心も健康・綺麗・元気になれるサポートをさせて頂きたいと思います。

Instagramはこちら
Facebookはこちら

入門講座:オンライン開催はこちら

Stores 予約へ