日本美腸協会とは

日本美腸協会とは、ストレスの多い現代において、多くの人々が抱えているお腹の悩みを
腸に関する専門的な知識や正しい腸もみ技術を使ってサポートするため、
2013年に便秘外来で多くの患者様を診てきた看護師の小野咲が立ち上げた協会です。

便秘外来の医師である、小林メディカルクリニック東京 院長の小林暁子先生が美腸プランナー®の学習テキストを監修しており、
在籍者に看護師の方や医療従事者が多いのも特徴です。

医療をベースにした正しい知識と技術を学び、腸に対する熱い想いのある腸のスペシャリストを世の中に広め、
より多くの腸に悩む方々を救いたいと考えております。

日本美腸協会が考える「腸活」とは

日本美腸協会が推奨する腸活は、[食事・運動・腸もみ]の3つの基本習慣のバランスを整えていくため効果が早く得られることが期待できます。
食事や生活習慣を変えていくと同時に腸を直接マッサージする腸もみを継続的におこなうとより効果を発揮します。

「安全で痛くない腸もみ」の3つのポイント

1. 看護師考案の信頼の技術力

安全で痛くない腸もみは、便秘外来の患者様と美腸エステティックサロンのお客様、約3000人以上のお腹を見てきた看護師である小野咲が考案した腸もみです。
お腹のタイプは個人によって大きく異なり、特に女性の場合は骨盤内に大事な臓器がたくさんありますので、間違った方法でのケアはトラブルになりかねません。
解剖生理学を学んだ看護師が、体の構造を考えて開発した安全・安心な腸もみをお伝えしています。

2. 小腸の汚れを落とすのに効果的な腸もみ

小腸の重要な機能として、①食べ物の消化吸収、②免疫細胞の生成、③セロトニンの生成分泌があります。
小腸と大腸にアプローチする腸もみを30分以上おこなうとぜん動運動が起こり、腸に溜め込んでいる老廃物の排泄を促します。
薬に頼らずに腸本来の動きを促し、排泄力の促進や内臓下垂によるポッコリお腹の解消に効果的です。

3. 安全で痛くない腸もみ

腸をグイグイと強く刺激する施術もありますが、当協会が推奨する腸もみは、「痛くなく、眠ってしまうほど気持ちが良い」トリートメントです。
心地よいほどの施術は、身体がリラックスすると動く腸のメカニズムと関係しています。「痛い」と感じると腸も硬くなってしまい、腸の本来の機能を引き出すことが難しくなります。そのため、優しくほぐしていくことで腸の老廃物を流していきます。
腸もみをおこなうと精神的にリラックスし、更にデトックス効果も期待できるので心も体もすっきりできます。

<安全で痛くない腸もみを学べる講座はこちら>
自分のセルフケアのために腸もみを学びたい方
美腸プランナー講座へ
お客様の腸タイプに合わせて腸もみ技術を習得したい方
認定セラピスト講座へ

顧問・テキスト監修者紹介

顧問・テキスト監修 小林 暁子

日本美腸協会では、看護師やセラピストや一般の方が、美腸の知識やケア技術を共に学び、心身の健康美を広げていくことを目的に活動しております。

私は、お腹が不調の時や便秘の時だけではなく、日々、心身ともに健康で、喜びと感謝を感じながら人生を送るために、今の時代こそ、美腸ケアが大切であると考えております。

そのために、私達は、正しい情報を、正しく理解し、正しく実行し、正しく伝え広めていくことが重要です。

美腸プランナーの役割は、このような情報が混沌とした時代の中で、医療的視野から腸についての健康美を学び、自分のライフスタイルに取り入れ、美腸である大切さを自分なりの活動を通じて発信していくことです。

私は医師として、美腸プランナー、美腸アドバイザーの皆さんと共に「腸からの健康とキレイがあふれる幸せな社会」「健やかで安全な環境を作る活動」を目指して参ります。

私たちのこの想いにご賛同頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。