代表メッセージ

予防医療や健康増進が求められる昨今で、腸は切っても切れない重要な臓器になってきました。
健康は、1日で作られるものではありません。毎日の習慣にすることが近道です。

だからこそ、腸をケアできる人が身近にいることで健康や美容の維持増進が加速していくと確信しています。
私たち日本美腸協会は、自宅に1人プロフェッショナルな腸の知識を持った方がいる社会を目指して、今後も精進をしてまいります。

私自身が看護師であった経験から、健康は新薬でも最新の医療でもなく「相手のことを思いやる気持ち」が作ると思っています。
治療を拒否していた高齢者が孫の言葉で治療に取り組んだり、婚約者からの言葉で治療への勇気が出たり、
私たちの健康は周りの大切な方からの愛ある一押しによってつくられていると感じました。

皆様の悩んでいたことはいつか必ず誰かの力になると思っています。
そのためにも、身体の基礎となる腸の正しい知識と腸もみ技術を取得し、一緒に学びながら健康を伝えていきましょう。

日本美腸協会 代表理事 小野 咲